2019年12月27日

秋田発、1月の観光見所(神奈川県、伊豆へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

秋田県旧鷹巣町(現北秋田市鷹巣地区)の自慢の音に「4km四方にも届く世界一大太鼓の響き」、また自慢の風景に「新秋田三十景・水と高ェ調和した鷹巣中央公園(桜1000本)」、文学作品に渡辺喜恵子作「みちのく子供風土記」(鷹巣が舞台)など。

更新は3日後に、次回は静岡県下、山梨県へ

秋田発、1月の観光見所(神奈川県へ)

鎌倉報国寺(JR横須賀線鎌倉駅、竹の寺)と瑞泉寺(花の寺)、鎌倉宮小町通り散策フラワーセンター大船植物園(JR東海道線大船駅、シクラメン、洋ラン等)、(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
鎌倉・報国寺の本尊・釈迦如来と瑞泉寺の本尊・釈迦牟尼仏は同意語。「如来」は真理から来れるもの、「牟尼仏」はその真理をさとれるものといわれる。歴史的実在の人物は釈迦尊一人だけ。他の如来(阿弥陀如来、薬師如来等)は釈迦尊の真理(世の中には偶然はない、すべて必然であるの教え)の内容を一般の人々に把握させるため、仏像や菩薩、観音像等の姿、形に表された物といわれる。

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

秋田発、1月の観光見所(伊豆へ)

伊豆山神社(JR東海道線熱海駅)、熱海姫の沢公園(福寿草)と熱海梅園(花梅730本と紅葉)、伊豆三津シーパラダイス(伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅)、戸田ナノハナ畑(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
伊豆山神社創立は人皇5代考昭天皇の頃と伝えられ、延喜式神名帳にも火牟須比命(ヒムスビノミコト)神社が当社の事とされ、源頼朝が源氏再興を祈願し、関八州鎮護、関東一円の守護神にされたそうです。境内に楡の木があり、この葉を所持すれば願い事かなうと言われ、男女の中を結ぶほか、交通安全、災難よけ、入学成就の守り神として崇敬。
posted by 青森発・秋田発・盛岡発 at 14:01| 青森発 秋田発 盛岡発 日帰り 観光 旅行 ドライブ

2019年12月22日

青森発、1月の観光見所(長野県、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

青森市の四季の風物誌に1、春は桜祭り、2、夏はねぶた祭り、3、秋はリンゴの収穫、4、冬は冬祭りなど。また歴史上の人物に「坂上田村麻呂」(平安時代、えぞ地平定のため津軽に来た征夷大将軍)など。

更新は3日後に、次回は神奈川県、伊豆へ

青森発、1月の観光見所(長野県へ)

諏訪大社下社秋宮(中央本線下諏訪駅)と諏訪御柱の木落し坂記念碑諏訪湖畔高島城跡(JR中央本線上諏訪駅)、信州野沢菜漬け(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
諏訪大社の祭神はタケミナカタノカミ。オオクニヌシノミコトとヤサカトメノミコトとの間に生まれた子。兄はコトシロヌシノカミ。
水に関係することから湖の神、海の守り神として湖畔や港近くに
祀られることが多い。また東国一の戦神として武家の守り神、さらに農業の神としての信仰も多い。

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

青森発、1月の観光見所(山梨県へ)

雲峰寺(JR中央本線塩山駅、武田軍旗、日の丸の旗)、恵林寺参拝(JR塩山駅)、トルマリン工場桔梗屋の信玄餅甲州わさび漬け等(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
恵林寺明王殿の不動明王は大日如来の変身で、全ての悪魔を降伏させるために「怒り」を身に表したものといわれ、左手の縄で「煩悩をしばり」、右手の剣で「煩悩を断つ」といわれます。盤石の下の清らかな水の流れは、人々の悩みを洗い流すという状態を指し、煩悩を断ちたい時にはぜひ参拝を。、
posted by 青森発・秋田発・盛岡発 at 13:58| 青森発 秋田発 盛岡発 日帰り 観光 旅行 ドライブ

2019年12月18日

盛岡市発、1月の観光見所(栃木県、群馬県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

岩手・釜石市の特産品は1、三陸わかめ(濃緑色で柔らかく厚みのある最高級品)、2、干ししいたけ(全国品評会で農林水産大臣賞の良品)、3、南部鼻曲がりサケ(本州一の水揚げを誇り、三平汁・あら汁など料理の種類も豊富)、4、清酒浜千鳥など。

更新は3日後に、次回は長野県、山梨県へ

盛岡市発、1月の観光見所(栃木県へ)

タヌキの茂林寺(東武伊勢崎線茂林寺前駅、館林市、分福茶釜発祥の寺)、佐野厄除け大師(JR両毛線佐野駅)、佐野アウトレット(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
栃木・佐野市の春日岡山惣宗官寺(別名、佐野厄除け大師)は
厄除け元三慈恵大師様が如意輪観音を安置し、大師が観音様の御化身と言われたのが始まり。如意輪観音の如意は「思いのまま」を、
輪は「始と終わりのない無限」を表し、厄から吉運へ吉運から厄へと
こだわりなく回転していく自由自在を表している。厄除け、身体安全など。正月大祭には約100万人の参拝客がある

1月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

盛岡市発、1月の観光見所(群馬県へ)

縁起だるまの達磨寺(JR高崎駅)とだるま工場野生の王国・群馬サファリパーク(上信電鉄上州富岡駅、見、食、買い)、(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
群馬・少林山達磨寺(曹洞宗寿昌派で開創のち黄檗宗に改宗)は1680年に一了居士行者が霊木で達磨大師座禅像を彫刻し祀ったのが始まり。
達磨大師は禅宗の祖とされ6世紀頃の人。インドに生まれ中国にわたり宗山少林寺で9年間座禅を組み(面壁9年の不屈、足が腐ってしまった俗説で、あのユーモラスなだるま人形を生んだといわれる)悟りに達した人。七転び八起き、不屈の精神、目標貫徹、必勝祈願に願かける参拝人が多い。
posted by 青森発・秋田発・盛岡発 at 10:11| 青森発 秋田発 盛岡発 日帰り 観光 旅行 ドライブ

2019年12月12日

秋田発、12月の観光見所(東京都、埼玉県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

秋田・旧大曲市(現大仙市大曲地区)の自慢の音に1、花火の音(全国花火競技大会)、観客の声援、80万人の歓声等、2、姫神山のカリヨンの鐘(オーストリア製)の音、3、新人音楽祭の参加者の演奏の音色など。

更新は3日後に、次回は栃木県、群馬県へ

秋田発、12月の観光見所(東京都へ)

向島百花園(東武伊勢崎線東向島駅、寒椿、サザンカと600種の草花)、浅草仲見世、(食、買)、六義園(JR山手線駒込駅)、巣鴨とげぬき地蔵尊散策(JR巣鴨駅)、

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
東京都墨田区の特産品は1、言問<こととい>だんご、2、つくだ煮、3、釣鐘もなか、4、志満<じま>ん草もちなど。郷土料理にちゃんこ料理(相撲の町・両国の周辺には数々のちゃんこなべ店がある)。

12月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

秋田発、12月の観光見所(埼玉県)

武蔵野国一ノ宮氷川神社(JR東北本線大宮駅、大宮区)、大宮盆栽村コクーン新都心ツキを呼ぶ調神社(JR浦和駅)、(浦和うなぎ料理)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
埼玉・旧大宮市(現さいたま市大宮区)のいわれ。古くは武蔵野国一ノ宮・氷川神社の門前町と中仙道の宿場町として栄え、氷川神社が「大いなる宮居」と言われたことから起こった地名だそうです。
posted by 青森発・秋田発・盛岡発 at 17:54| 青森発 秋田発 盛岡発 日帰り 観光 旅行 ドライブ

2019年12月07日

青森発、12月の観光見所(茨城県、千葉県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

青森・三沢市の日本一と称するものに1、人口に対する「名字」の種類、2、市民の森に自生する南限・北限の植物の混在率、3、オオセッカの繁殖率、4、在日米人との友好度、5、市域面積に対する縄文遺跡の分布割合など。

更新は3日後に、次回は東京都、埼玉県へ

青森発、12月の観光見所(茨城県へ)

水戸植物園(JR常磐線水戸駅、ラン、ベゴニア等)と大串貝塚ふれあい公園(巨人伝説の貝塚)、那珂湊おさかな市場大洗海岸(鹿島臨海鉄道大洗鹿島線大洗駅)、大洗磯前神社

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
茨城水戸市の特産品は1、納豆、2、梅干し、3、やぎ乳のチーズなど。茨城大洗町の発祥の地として民謡の「磯節」(漁師から古くから歌い継がれてきた民謡)がある。

12月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

青森発、12月の観光見所(千葉県へ)

光明寺(JR外房線木更津駅、切られ与三郎勝つ運の墓)、枇杷倶楽部(JR富浦駅、四季折々の花摘み)、東京湾フエリー海産物(みかん狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
千葉・木更津市の観光資源には1、潮狩りとす立て遊び(東京湾随一の自然の干潟)、2、証誠寺(童謡「証城寺のたぬき囃子」で有名、実際の寺名と童謡の寺名とは同音異字)、3、与三郎の墓(歌舞伎「お富・与三郎」)、4、太田山公園(日本武尊と弟橘姫の伝説が残る、別名「恋の森」とも呼ばれる。
posted by 青森発・秋田発・盛岡発 at 17:51| 青森発 秋田発 盛岡発 日帰り 観光 旅行 ドライブ